シボヘールの効果を最大限に出す飲み方とは!?

脂肪

なんで贅肉が付いちゃうの??

歳を重ねるにつれて、気になってくるのがお腹まわりのお肉ですよね。

どっさり付いた贅肉は、何となく運動や食事制限をしているだけではほとんど減りません。。。

なぜなら、年齢とともに脂肪を燃やす力は衰えてくるからです。

 

ヒトの体には、白色脂肪細胞と、褐色脂肪細胞の2つの種類の脂肪細胞が存在しています。

白色脂肪細胞は、消費しきれなかったエネルギーを脂肪として蓄え、体温を維持するなどの働きを持ちます。

 

一般的に贅肉と言われているもののほとんどは、この白色脂肪細胞から成っています。

お腹回りに付きやすく目立ちやすい皮下脂肪や、多いと糖尿病などの生活習慣病を引き起こしやすくなる内臓脂肪も、白色脂肪細胞から成ります。

 

一方、褐色脂肪細胞には、たくさんのミトコンドリアが存在しており、余分なエネルギーを消費したり、寒冷な環境下には熱生産を行い、体内を温める働きがあります。

つまり、エネルギーを積極的に燃やしてダイエットのサポートをしてくれる細胞なのです。

この褐色脂肪細胞は、肩甲骨の間や、腋下、心臓、腎臓などに少量存在している細胞です。

しかし、この褐色脂肪細胞は、生まれたての赤ちゃんに多く、その後は体の成長に伴ってどんどん減少していってしまいます。
また、エネルギーを効率よく分解したり、消費したりするその他の細胞も、年齢とともに激減していきます。
歳を重ねるにつれて、脂肪が付きやすく痩せにくくなるのはそのせいなのです。

 

運動や食事管理は難しい・・・

いつまでも健康で、若々しい体を維持するには、適度な運動や徹底した食事管理が必要となります。

しかし、実際には忙しく、難しいという方が多いのではないでしょうか??

そこで、シボヘールの登場です!

シボヘールは、お腹のお肉、ウエスト、体重、すべてに着目し、健康的かつ見た目にも美しい体を作り出すことに徹底したサプリメントです。

しかも、シボヘールは、実験や文献などによる科学的根拠に基づく食品にのみ認可される機能性表示食品として認められています。

それは、「葛の花由来イソフラボン」による、脂肪減少効果が元になっています。肥満気味な被験者97名を対象に、「葛の花由来イソフラボン」を配合したものとプラセボ品を12週間摂取させた結果、前者では、お腹のお肉、ウエスト、体重のすべてにおいて後者よりも有意に減少が認められました。

「葛の花由来イソフラボン」には、脂肪の合成を抑制し、分解を促進、そして脂肪の燃焼を促進させる三つの働きを持つため、このような有意な効果が得られたのです。

シボヘールは、この「葛の花由来イソフラボン」を配合し、根拠に基づき脂肪減少に導く効果があるのです。

 

シボヘールの飲み方

シボヘールの飲み方は、とても簡単です。

一日に水かぬるま湯と共に、4粒飲むだけです。

起床

飲むタイミングは、基本的に自由ですが、効果的なタイミングとしては起床後をお勧めしています。

起床後は、お腹が空っぽの状態です。

そのため、食後よりも栄養の吸収が効率よく行われる環境にあります。

シボヘールを起床後すぐに飲むことで、シボヘールの効果をより感じることができるはずです。

また、起きてすぐに飲む、という行為を習慣づけることができれば、飲み忘れを防ぐことができます。

食前や食後のタイミングの摂取は、間違ってはいませんが、忘れやすく、効果を感じられるのにやや時間がかかる恐れがあります。

また、一度に飲む量ですが、これにも特に決まりはなく、自由です。

しかし、「葛の花由来イソフラボン」の実験では、一度に4粒を飲むことによって、有意な結果が得られています。

そのため、起床後に4錠飲むことが、脂肪減少の実感を得られやすいのではないかと言われています。

 

飲み方としては、水かぬるま湯とされています。お茶やコーヒーなど、カフェインが入っているものや、ジュースなど糖分の多いものと共に摂取するのはあまりお勧めできません。

シボヘールの効果を邪魔してしまう可能性があるからです。

最も推奨されるのは、ぬるま湯との摂取です。

起床後、すぐに冷たい水と共に飲んでしまうと、胃腸に刺激を与えてしまい、お腹を壊す恐れもあります。

やけどに注意して、ぬるめのお湯と共に飲むことで、胃腸に優しく効いてゆき、体も温まります。

 

継続することが重要!

飲み方について記述してきましたが、最も重要なのは、継続することです。

飲み忘れが多かったり、一か月も続けていない方には、効果が現れなかったという口コミが多く見受けられました。

一方、飲み忘れもほとんどなく、長く続けているという愛用者の方からは、ウエストが細くなった、健康診断で褒められたなどの口コミがありました。

「葛の花由来イソフラボン」の実験では、12週間の摂取を根拠としているため、最低でも3ヶ月はじっくりと試した方が良いと思います。

化学的根拠に基づいたシボヘールですが、食事のバランスや生活習慣も整えながら飲み続けることで、より効果を実感することができます。

あくまでもダイエットのサポートと考え、上手に摂取していきましょう。