ダイエットの強い味方!葛の花由来イソフラボンの効果とは?

葛の花由来イソフラボンについて

これが葛の花です。

葛の花

そもそも葛とは??

葛は日本や中国、アジアなどに広く生育しているマメ科の植物で、花は「秋の七草」の一つに数えられます。
葛の根は乾燥させることにより古くから和漢として使われてきました。
この葛は、その花にも高い効能があり、日本でも葛の花の効用についての歴史は古く、江戸時代に編集された古文書にも紹介されているほどです。
http://www.sukkiri-life.com/lp/pcsbh-gl/s320/

葛の花由来イソフラボンが持つお腹の脂肪(内臓脂肪・皮下脂肪)を分解・燃焼させるメカニズムについて

シボヘールパンフレット

※シボヘール購入時に同梱されていたパンフレットより引用します。

年齢と共にお腹に脂肪が付きやすくなる理由

年齢と共に太りやすくなったり、痩せにくい体質になってしまうのは代謝機能の衰えに伴う、脂肪の「分解力」と「燃焼力」の衰えが原因です。

人間は食事などによって外部から栄養を摂取し、分解してエネルギーとして燃焼させて生きています。

呼吸をしたり、体温を保ったり、心臓を動かしたりなど生命活動を維持する役割を担っているのが基礎代謝です。

身体の全エネルギーの約70%がこの基礎代謝によって燃焼・消費されます。

しかし、加齢によって基礎代謝機能が衰えていくと、体脂肪の分解や燃焼・消費がされづらくなり、余ったエネルギーが体脂肪として蓄積されやすくなってしまいます。

 

3つの機能でお腹の脂肪を減らす。

『シボヘール』の機能性関与成分である「葛の花由来イソフラボン」は、余ったエネルギーが再び中性脂肪に合成されるのを抑え、年齢により低下する体脂肪の分解と燃焼作用を促進させる3つのメカニズムでお腹の脂肪を減らすのを助けます。

 

その1.脂肪の合成を抑える

食事から採った栄養は、分解されてエネルギーとして燃焼されます。

しかし、分解されたエネルギーは燃焼しきれずに余ってしまうと肝臓で再び中性脂肪として合成されてしまいます。

それが血液によって身体の各部に送られ、脂肪として蓄積されていくのです。

「葛の花由来イソフラボン」は、この合成をおこなう働きを阻害する作用があるため、余ったエネルギーが中性脂肪へと合成されるのを抑制します。

 

その2.脂肪の分解を促進する

身体に蓄積された体脂肪は、そのままではエネルギーとして燃焼させることはできません。

そのため一度「脂肪酸」へ分解する必要があります。

しかし、加齢とともに体脂肪はだんだんと分解されにくくなってきます。

「葛の花由来イソフラボン」は、この脂肪を分解する働きをサポートし、脂肪を燃焼しやすい状態へと導きます。

 

その3.脂肪の燃焼を促進する

分解され脂肪酸となった体脂肪は、褐色脂肪細胞によって燃焼されます。

しかし、加齢とともに褐色脂肪細胞の数は減少していくため、脂肪酸は燃焼されにくくなり、余ってしまった脂肪酸は肝臓で中性脂肪へと合成され再び体脂肪として蓄積されてしまいます。

葛の花由来イソフラボンは、この褐色脂肪細胞の働きをサポートし、脂肪酸を燃焼しお腹の脂肪を減らすのを助けます。

 

機能性表示食品とは

食品が持つ「機能」を「表示」した食品です。

一般的な食品や健康食品とは違い、表示する機能性と安全性に関する科学的データおよび根拠資料を、消費者庁長官へ届け出することで、食品が持つ機能性を表示することができます。

シボヘールは「お腹の脂肪を減らす」機能性を表示することが許された機能性表示食品です。

 

矢印シボヘールを損せず試す